シーダブルーシー CWC

シーダブルーシー シーダブルーシー

CWC シーダブルーシー

1970年代からその存在が確認されているCWC。そのルーツはハミルトンの英国軍管理担当をしていた人物が手掛けたといわれています。当時のCWC製ミリタリーウォッチのデザインがハミルトン製ミリタリーモデルと酷似しているのもそのような理由なのでしょう。英国軍の納入基準に合わせた品質は、半世紀が経過した現在でもまったく衰えることがない高い耐久性を維持しています。後にクオーツムーブメントが台頭することで、機械式は姿を消したため、現在もミリタリー時計ファンを中心に高い人気を集めています。

2