チューダー(チュードル) スポーツ アンティーク

TUDOR SPORTS TUDOR SPORTS

TUDOR SPORTS チューダー(チュードル) スポーツ

【クロノタイム】
かつてチューダー(チュードル)のほとんどのモデルがそうであったように、クロノグラフについてもデイトナのセカンドラインと見るのが一般的である。しかしクロノグラフについては、21世紀の現代においても第一線での活躍を続ける名機、バルジュー7750を得ることによって、ロレックスに10年以上も先行して自動巻き化に成功している。大きく、厚みのある自動巻きクロノグラフムーブメントを包み込むオイスターケースは迫力に満ちたものとなり、特にクロノタイムの初期に見られる、切り立ったケースサイドを持つ通称"カマボコケース"は、その独特の無骨さに特徴があり、根強い人気を誇っている。

【サブマリーナ】
常に最強のオイスターケースが与えられてきた耐高圧ダイバー、サブマリーナ。基本的にはロレックスに酷似した外観を持っているが、針や文字盤にチューダー(チュードル)独自の意匠も見られ、後年になるほどそのバリエーションを増している。特にスクエアハンドとスクエアインデックスの組み合わせからなる通称"イカサブ"は人気が高い。セキュリティの高いスイス・エヴォーシュをベースとしたムーブメントを採用しているが、それ故の高振動による安定性、デイトのクイックチェンジ機能などのメリットも見逃せない。

25